尾鷲市

尾鷲市 水産商工食のまち課 0597-23-8223

  •  尾鷲市は、三重県南部、紀伊半島・東紀州地域の中央に位置し、北は紀北町、南は熊野市、西は大台山系を境に奈良県に接し、東は太平洋(熊野灘)に臨んでいます。人口は約2万人で、面積は約190㎢を有しています。紀伊山地と太平洋に抱かれた豊かな自然環境、温暖多雨な気候と黒潮によって古くからその自然の恵みを受け、林業、漁業とこれらに関連する加工業や、石油火力発電所を中心とする石油コンビナート産業により、まちの基盤を形成してきました。平成18年4月には、三木埼沖水深415メートルから、海洋深層水を取水する施設「アクアステーション」を開設し、「みえ尾鷲海洋深層水」の取水、分水を始めました。

     一方、平成16年7月に「熊野古道」が紀伊山地の霊場と参詣道として世界遺産に登録され、観光面での地域資源として注目を浴びております。これを機に平成19年2月に情報拠点施設「三重県立熊野古道センター」が整備されるとともに、地場特産品情報交流センター「夢古道おわせ」が4月にオープンしました。さらに、平成20年4月には、海洋深層水活用型温浴施設「夢古道の湯」がオープンしました。

  • 尾鷲市ホームページ
    http://www.city.owase.lg.jp

    Eメール
    sechosei@city.owase.lg.jp

ページトップ