明和町

明和町 斎宮跡・文化観光課 0596-52-7138

  •  明和町は、松阪市の南にあり、伊勢志摩の玄関口に位置しています。
     そして、古い時代から伊勢神宮にゆかりのあった土地です。
     そのあかしに、町内からは数多くの遺跡や古墳が発見され、この地の歴史が大変古いものであることを物語っています。
     中でも、昭和54年3月に国の史跡指定を受けた「斎宮跡」は、東西約2km、南北約0.7km、面積137haにも及ぶ全国屈指の大規模遺跡です。
     国指定天然記念物「斎宮のハナショウブ群落」のノハナショウブが開花する6月上旬に開催される「斎王まつり」は、斎宮歴史博物館を主会場に、斎王、女官、童女など、総勢120名ほどの行列が街道など歩く「斎王群行」が、まつりのメインイベントとなっています。
     伊勢街道沿いにも、国指定史跡「水池土器製作遺跡」など多くの歴史資源が残っています。
     また、海ガメが産卵する伊勢湾に面した海岸線には「町営キャンプ場」などがあり、家族連れ、グループによる絶好の野外活動の場所となっています。7月上旬には、伝統の「大淀祇園祭」と同時に、花火大会が開催されます。
     美しい自然と悠久の歴史を持つ明和町へおいでください。

  • 明和町ホームページ
    http://www.town.meiwa.mie.jp

    Eメール
    bousai@town.mie-meiwa.lg.jp

ページトップ