松阪地区木材協同組合

松阪地区木材協同組合

松阪地区木材協同組合
総務部 電話番号0598-60-2222
http://www.mokkyo.com

 当、松阪地区木材協同組合(理事長 黄瀬 稔)は、杉、桧の天敵「スギノアカネトラカミキリ」による被害材(通称アリクイ材)を「あかねブランド」と銘名し、消費者はもとより木材業界、建築家、施行業者等に情報提供していくための環境整備に取り組んでいます。
 平成16年度より国、県の補助事業として三重大学生物資源研究科徳田迪夫教授に協力を得て、管内の被害の実態調査、被害木の性能試験等研究を重ね、強度と耐久性を科学的に実証し、ウッドピア市売の取扱原木の8割を占めるアリクイ材の流通促進を図ることで低迷する木材業界の再興を図るものです。
 「あかねブランド」とは被害の度合いを、見た目の影響度合に基づいて5段階程度に分け、その「あかね度」に応じて価格や推奨する使用箇所を定めるもので、これを建築資材として安心して使って頂くことで、三重県材の特産品としての新たな販路拡大につながればと期待しています。

ページトップ