松阪市

観光施設、特産品

No. 観光施設、
特産品
概 要 ホームページ
1 松阪肉 消費者の方々に安全安心な松阪牛を提供するため生産から販売までの情報を管理する松阪牛個体識別管理システムに登録し、松阪市を中心とする対象地域で肥育された未経産の黒毛和種の雌牛。兵庫県をはじめ全国から選び抜かれた生後7ヶ月~8ケ月ほどの優秀な血統の子牛を約3年間農家の手で1頭1頭入念に管理し、肥育されます。 H P リンク
2 猪肉 自然が豊かな松阪では、野生の猪肉を使ったぼたん鍋が食べられるお店が多い。 H P リンク
3 松阪赤菜 松阪を開府した戦国武将「蒲生氏郷」公が伝えたとされるアブラナ科の植物。 H P リンク
4 嬉野大根 「嬉野大根」は、肌の艶が良く甘味があり煮崩れしにくいのが特徴。米ヌカ等を加え、土を発酵させた土壌でつくられる。 H P リンク
5 モロヘイヤ エジプトが原産の「モロヘイヤ」 カルシウムはほうれん草の8倍で、健康野菜として親しまれて松阪に広がった。 H P リンク
6 赤米 古代米の一つである赤米。白米に比べ、ビタミンB1、ビタミンE、鉄分、カルシウムなどを多く含む。 H P リンク
7 椎茸 松阪の豊かな自然が香り高い椎茸を作り出す。高品質で味、香りが良く、自然健康食品として好評。 H P リンク
8 ハタケシメジ ホンシメジと同じ仲間のキノコ。体の免疫活性を高めると言われるβーグルカンを含み、シャキシャキした触感が特徴。煮て良し、揚げて良し、炒めて良しと和洋中すべての料理に合いますが栽培が難しいことから生産量が限られているキノコ。 H P リンク
9 イチゴ 章姫という品種を中心に栽培され、甘みが強く適度な酸味があり食味良好のいちご。
冬から春にかけていちご狩りを楽しむこともできる。
H P リンク
10 イチジク 海岸に面した曽原新田地域で生産。いちじくに含まれるペクチンが腸の活動を活発にされる効果があることから健康志向の果物としても評判。 H P リンク
11 ビワ 嬉野豊地地区で収穫されるびわは「島田びわ」と呼ばれ、果実が大きく、果皮は濃橙色で美しく、酸味が低い。 H P リンク
12 自然が豊かで川の水もきれいな松阪には鮎釣りの名所が鮎料理の名店がいくつかある。 H P リンク
13 アマゴ 清流にしか住まないという「あまご」も松阪では馴染み深い魚。
あまご釣りを楽しむ人も多く、釣ったあまごの塩焼きは最高の味わい。
H P リンク
14 あさり 松阪市を流れる櫛田川。その河口の松名瀬海岸は潮干狩りのスポットとしてシーズンになると多くの人で賑わう。 H P リンク
15 青のり・黒のり 三重県の青のり生産量は日本でもトップクラス。松阪でも養殖が盛んに行われている。
また栄養豊富な河川水が流れ込み、質の良い黒のりも育つ。松阪の海岸線には養殖で使われる海苔そだが立ち並ぶ。
H P リンク
16 とっとき餅 「とっとき」は「とっておき」の意味。
大自然が育んだ原料を厳選し丹精こめて杵つきしたとっておきの切り餅。飯高地域の名物。
H P リンク
17 とっときみそ 飯高地域に伝わる昔ながらの製法で丁寧につくられた味噌は、きめが細かくまろやかな味わい。 H P リンク
18 でんがら 飯高地域の昔ながらのおやつ。ほうの葉に包んだ餡入りダンゴ。
田植えや農作業を終え、「野上がり」という行事の時に各家庭ででんがらを作る。
H P リンク
19 深蒸し煎茶 温暖な気候と豊かな土質と櫛田川が生む朝露に恵まれ、最高級の深蒸し煎茶が作られる。 H P リンク
20 茶うどん 名産のお茶を使った商品「茶うどん」は、さっぱりした喉ごしと味わいで幅広い年代の方々から好まれる。 H P リンク
21 そば粉 飯高地域ではそばも栽培しており、道の駅飯高駅では市内で栽培されたそば粉で手打ちそばを体験できる。 H P リンク
22 豆乳 三重固有の在来品種大豆を復刻してつくられた嬉野大豆のコクと甘味が味わえる。 H P リンク
23 澄んだ空気、清らかなお水、自然に恵まれた松阪では上質の地酒が多く作られている。 H P リンク
24 松阪木綿 松阪商人が江戸で販売した「松阪木綿」は、当時江戸の人々の間で大流行。藍染の色と縞模様は粋な風合いで今も人気。 H P リンク
25 松阪万古 文久3年(1863)に市内に開窯し、後に「松古」として茶器や花器に好まれている。 H P リンク
26 伊勢の和紅茶 伊勢茶(地元産「やぶきた」)を紅茶として加工。
従来の紅茶の渋みが少なく、日本茶のまろやかさが残る味わいと砂糖がいらない甘味が特徴。
H P リンク
27 クレソン 清い櫛田川の源流域で無農薬で栽培。自然の栄養をたっぷり蓄え、クセのない自然な味わいは和の料理に最適。 H P リンク
ページトップ